Home

◇ What's New ◇(サイト更新情報)===========================

船井流成功法 by岡 聡

【つきの原理】 船井流キーワード 365 #funai365

【つきの原理】 船井流キーワード 365

1.人間には反射の原理が働く
2.自己の過大評価、他人の過小評価が人間性の本質だが、自己を他人の目でみれる人を客観的な人という。また謙虚な人ともいう。
3.客観的な人は人に好かれる。
4.好きな人には便宜を図りたい。
5.好かれる人は、客観化の上手な人である。また謙虚な人である。
6.結局謙虚で客観的な人がつく

「つくとつかない」は、あくまでもその人の責任である。つかない人は、自らつきより遠ざかっている人であると考えてもよいであろう。

岡の解説
つかない人生よりも、つく人生をおくりたいと全ての人が考えています。だからこそ「つき」を大切にしようと船井流ではお話をします。しかしそれは運命学的な視点ではなく、ここであるように、どう考えてもつくような生き方は本人が意識さえすれば誰にでも挑戦できることだということなのです。たくさんの人に好かれる人になる、応援したくなる人になる。ファンが多い人になることができれば、当然、つきがまわってきやすくなるということなのです。そのためには客観的に自分自身を見て、まずは人に迷惑を与えない人になる。そして自分自身を他人に好かれる人に変えていくという努力をしなければならないわけです。良くなる理由をつくり、良い状態を維持し続ける。良い状態には必ず良くなった理由があり、その理由の意味を知り、人と人の縁を大切にするということに取り組むことこそ自分を豊かにし、成功を引き寄せる最大のコツだといえるのだと思います。

[続きを読む]

【正攻法時代の生き方】 船井流キーワード 364 #funai365

【正攻法時代の生き方】 船井流キーワード 364

正攻法時代の行き方は「10の力で3のことをやる」のが常道である。しかし、弱者が強者となるためには時には「3の力で10のことに挑戦しなければならない」のである。この「時には」は、なるべく少ないほうがよい。できれば、生涯に一度の「時には」で強者になってしまうのが、もっとも望ましいのである。

岡の解説
船井流では奇襲法に憧れ、酔いしれるのではなく、原則的には正攻法で生きることを目指すべきであると考えます。そして正攻法の生き方、攻め方の基本は包み込みであり、計画的に準備を行い、力をつけて相手を包み込んでしまえば、争いによって自らを傷つけることなく百戦百勝となると考えるのです。しかし包み込むには力をつけなければなりません。ある一定の力をつけるまで、弱者の状態の時には一世一代の勝負をかける必要もあるということなのです。しかしそのような大勝負は一生に一度程度で済ますのが良い。そういうリスクはできるだけ追わない方がよいと考えるべきだということなのです。

[続きを読む]

【トップの役割】 船井流キーワード 363 #funai365

【トップの役割】 船井流キーワード 363

トップの役割は、戦略決定と調整であり、調整においては衆議独裁が最善である。

岡の解説
トップの役割は組織が向かう方向を意思決定すること、そしてその方向にダイナミックに向かうために組織内の部署と部署の連携を高め、機能的に動ける体制を作れるように調整することです。その中でそれぞれの部署には部署最適の言い分があるわけですから、衆議という形をとって十分に意見を聞いたうえで、最終的には組織全体の最適を考えて、トップ自らの責任感をもって決定することが望ましいわけです。そのためには、まさに人を動かし、人を引き付ける人間力と人間性をトップは身につける努力をしなければならないわけです。

[続きを読む]

【「物と金」】 船井流キーワード 362 #funai365

【「物と金」】 船井流キーワード 362

「物と金」は、人間の本性である「心」と生き甲斐」のために、人間が作り上げた一種の道具なのである。道具が勝手に動き出したら、それこそ何を、おっ始めるかわかったものではない。人それぞれによって「物と金」の価値は違うのである。それに対し、人間の「心」や「生き甲斐」は本性である。だれにとってもつきつめれば同じものである。

岡の解説
「物と金」を手に入れることを最終目的とするのは間違いである。本来は「物と金」が手に入れば、自分が達成したい夢を実現でき、それが自分の幸せと感じることができる。だから努力して幸せをつかむために「物と金」を貯めようということなのです。だから夢や達成したいことがない人間が必要以上に「物と金」を手に入れても幸せ感がやってこないのです。そして幸せ感は人によって違います。「物と金」を持つこと=幸せとは限らないことにも注意が必要なのです。

[続きを読む]

【エリートと大衆】 船井流キーワード 362 #funai365

【エリートと大衆】 船井流キーワード 362

権限や仕事は「与えられるものである」と考えて行動している人は、大衆であり、それは「つくるべきもの、取るべきもの」と考え行動している人はエリート。

岡の解説
寄らば大樹の陰型のサラリーマン志向の大衆の生き方は、組織に属する安心感を重視します。だからそこそこの仕事=給料が与えられること、組織に馴染んでいく過程で徐々に与えられる権限に安心して喜びます。しかし世の中や組織をリードするエリートは権限や仕事は与えられるものではなく自ら作り出し、もらうのではなく与える側に回ります。そして発想を変えれば、階級社会ではない自由な社会では、まさに大衆が努力し、力をつけて成功しエリートになることも許されており、仕事をもらう側から作り出し与える側へ回ることも許容されているのです。もらうことを喜びとするよりも与える側に回り、それを喜びとする方がやはり良いようです。そういう良い意味でのエリート志向は持つべきであると思います。

[続きを読む]

【独立と参加、自主性と信頼のシステム】 船井流キーワード 360 #funai365

【独立と参加、自主性と信頼のシステム】 船井流キーワード 360

人は自主性と独立性をもち、人から信頼された時に、喜びとともに恐ろしいほどのエネルギーを発揮する。人の喜びをとり、エネルギーを発揮させないような方向には、間違っても企業や社会の舵とりをされないように、くれぐれもお願いしておきたい。

岡の解説
リーダーや経営者は組織の構成員が発揮するエネルギーを正しい方向に向けた上で最大化させることに取り組まねばなりません。その条件は組織構成員が独立心をもって自主的に参加すること、仕事を任され信頼されていることとなります。組織を統率する人間はその力によって組織構成員を支配し、自分の思うように統制し自由を奪うことではなく、できるだけ自由な風土の中で積極的な発言や行動を許容し、彼らの存在を認め信頼することが重要なのです。革命は民衆が自由と独立を求めて立ち上がり、自分たちも自らの人間として尊厳をもって生きるための権利を確保するために、国の政策決定への参加を求めることが多いことを知ることも重要なようです。

[続きを読む]

【利害関係の取引、信頼関係での取引】 船井流キーワード 359 #funai365

【利害関係の取引、信頼関係での取引】 船井流キーワード 359

利害関係中心の取引は、変化に適応してたえず変化しなければならない。変化が激しいだけに安定しない。見通しも立てられない。それに反して、信頼関係で取引するのは、世の中がどんなに変化しても相手は変わらない。情勢の悪いときはお互いに損をし、よい時にはお互いに儲ければよい。損失の分担もできるし、安心もできる。欠点は一人じめして儲けられないということだ。

岡の解説
企業が最も正しい収益獲得を考えるときに、顧客生涯価値という視点に行きつきます。長い目で見て現在の一人の顧客がどれくらいの価値を内包しているかを理解し、その価値を失わないように長い目で取引をしなければならないということです。これは言い換えれば目先の収益に振り回されるのではなく、顧客関係性を強めてそれぞれの顧客と長い付き合いをすることを意識し、良い関係を築き長期的、永続的な付き合いを目指すということです。ただしよく考えれ見れば、損得だけを考えて永続的な付き合いを志向しても体質に合わなければ長続きするはずはありません。だからこし、自分たちの価値観や思想にマッチし信用できる顧客と末永い関係作りを目ざすことができれば、自然に生涯顧客価値が最大化されるようになると見るべきなのでしょう。また信用・信頼できる顧客との商売は実際にとても楽しいものですし、学びも多くなるはずなので得になることも多いことをしるべきでしょう。レベルの高い顧客と信頼関係を結べばその顧客が自分を磨いてくれるはずなのです。

[続きを読む]

【東洋思想】 船井流キーワード 358 #funai365

【東洋思想】 船井流キーワード 358

生きるという、ただそのことに喜びを感じることができる思想である。すべてに感謝でき、あきらめることのできる思想である。自然を支配するのでなく、自然に溶け込める思想である。「一期一会」の考えにみられるごとく、偶然の出会いを大事にし、たえず、その瞬間、瞬間を悔いなく相手や自然のために善であれと考えて行動し生きられる思想である。

岡の解説
船井流の経営法・コンサルティングの根底には東洋思想があります。アメリカ型の金銭至上主義的な経営法・コンサルティングの思想においては、競争に打ち勝つ過程で競争相手を徹底的に打ち破り、奪えるものは奪えばよい。それは強者こそが全て正しく、勝者が勝者の価値観で歴史を作ればそれが正解であるという発想とは一線を画したものです。自らが強者となっても弱者を思いやり競争相手も包み込んで活かすという発想を持つ経営スタイルです。そしてどんな状況においても現状を否定せず、感謝しベストを尽くすという考え方を採るわけです。

[続きを読む]

【企業の最終挑戦】 船井流キーワード 357

【企業の最終挑戦】 船井流キーワード 357

1.多品目扱い(総合化)
2.サービスの強化(目的に応じて多様化し深くつっこんだサービスを)
3.低経費
4.低売価での販売

岡の解説
事業会社がビジネスを成功させるためには、力をつけてより多くの選択肢を顧客に提供できるように多品目扱い、サービスの強化に挑戦する必要があります。それらはワンストップショッピング、ワンストップサービスとなり他社に乗り換える必要がないという状態を作り出します。それらに挑戦しつつ、同業者の中で最も低経費で事業を運営できるようにし、そしてできるだけリーズナブルでお客様が商品やサービスを購入できるように努力する必要があるわけです。最も多品目扱い、サービス強化、低経費、低売価での販売を実現できる企業がダントツ一番企業となっていくわけです。そしてそれを目指すことが企業の最終挑戦目標なのです。

[続きを読む]

【根幹に迫る】 船井流キーワード 356 #funai365

【根幹に迫る】 船井流キーワード 356

根幹に迫るためには、事象の的確な把握と予測が必要である。

岡の解説
表面的な現象に右往左往し、対応していても何度も何度も同様の課題が発生し、解決しないことが多いものです。対症療法ですますのではなく原因療法で対応することが重要です。その原因を掘り起こすためには、今何が起こっているのか、起こっていることの本当の意味は何かを的確につかみ、現在の流れでそのまま進めばどうなるか、本当のあるべき姿にたどり着くためにはどうすればよいのかを考える。それは最終到達系志向発想と同様のものです。根幹に迫る=本質に迫るためにはまず、目の前の事実が何を意味しているのかを冷静かつ客観的につかむことが重要なのだと思います。

[続きを読む]

過去の記事一覧へ...

Home

Search
My Book
Funai Marketing Book
岡 聡のマーケティング本と一緒に揃えると船井総研のマーケティングの”今”がわかります。
「店長」大全では一章とコラムを執筆しています。
岡 聡も講師を務めていたフナイ・コンサルティング・アカデミーの講座が本になっています。
Feeds

Page Top