Home > 4.岡 聡の視点 > ものづくりメーカーのブランド戦略

ものづくりメーカーのブランド戦略    記事一覧

ブランド作り④ ハードルを下げずにブランド基準を作る

ブランドらしきものができかけている。または弱いけれどもブランドが出来ているという段階で考えなければならないことは早急に「ブランド基準」を作らなければならないということです。

[続きを読む]

ブランド作り③ コンセプトをデザイン化する

競争力の高いブランドをどう作っていくかという観点では地域の優れた商品、伝統ブランドであっても時流に合致したデザイン性の確保や消費者のライフスタイルにマッチしたデザインの創造が重要です。

[続きを読む]

ブランド作り② ターゲットの捉え方、見つけ方

ブランドコンセプトを定義していく時、最も重要になってくる事はターゲットの設定であると思います。難しく聞こえる部分があるかもしれませんが、わかりやすく言うとその商品群を誰に提供していくのか=誰がその商品を手にした時に喜ぶのかということです。

[続きを読む]

ブランド作り① 差別化されたコンセプトの作り方

競争力の高いブランド作りのポイントは、ブランドコンセプトそのものの競争力を高めておくことです。
ブランドコンセプトとは物作りに関わるメンバーに対して①こういう考え方で物作りを行うこと、②こういう基準に合致したものこそ当社のブランドにふわさしいものであり、基準に合致しないものはブランドマークを関してはならない、ということを文章で記述したものです。

[続きを読む]

Home > 4.岡 聡の視点 > ものづくりメーカーのブランド戦略

Search
My Book
Funai Marketing Book
岡 聡のマーケティング本と一緒に揃えると船井総研のマーケティングの”今”がわかります。
「店長」大全では一章とコラムを執筆しています。
岡 聡も講師を務めていたフナイ・コンサルティング・アカデミーの講座が本になっています。
Feeds

Page Top